次の取引に係る仕訳で使用する勘定科目を下の勘定科目一覧の中から選んで、解答欄に記入しなさい。なお、同じ勘定科目を何度でも使用してよい。

 

(1)今年度の正会員の会費10,000円を現金で受け取った。

(2)助成団体からの助成金1,600,000円が普通預金口座に入金された。

(3)職員の給与(合計額1,200,000円)を普通預金口座から支払った。

(4)セミナーを行うにつき、当日出席者に配るためのボールペン(100本)を購入し、代金13,000円は現金で支払った。

(5)事務所の家賃150,000円を現金で支払った。

 

勘定科目一覧

 

この問題の解答・解説はこちら