1.解答

 

 

2.解説

 

(1)正会員の会費を受け取っているので、ここで使用する勘定科目は「受取会費」です。また、現金を受け取っているので、使用する勘定科目は「現金」です。
次に現金が増加していることに着目し、「現金」は「資産」グループなので、増加したときは、借方(左側)に記入します。
また、「受取会費」も増加しており、「受取会費」は「収益」グループなので、増加したときは、貸方(右側)に記入します。

 

(2)助成金を受け取っているので、ここで使用する勘定科目は「受取助成金」です。
また、その助成金が普通預金に入金されているので、使用する勘定科目は「普通預金」です。
次に普通預金が増加していることに着目します。「普通預金」は「資産」グループなので、増加したときは借方(左側)に記入します。
また、「受取助成金」も増加しており、「受取助成金」は「収益」グループなので、増加したときは貸方(右側)に記入します。

 

(3)給与を支払っているので、使用する勘定科目は「給料手当」です。また、その給料手当が普通預金より支払われているので、使用する勘定科目は「普通預金」です。
次に「給料手当」が支払われたということは「給料手当」が増加したことになり、この「給料手当」は「費用」グループなので、増加したときは借方(左側)に記入します。
また、「普通預金」で支払われたので、「普通預金」は減少しており、「普通預金」は「資産」グループなので、減少したときは貸方(右側)に記入します。

 

(4)ボールペン(100本)を購入したので、使用する勘定科目は「消耗品費」です。また、その代金は現金で支払われたので、使用する勘定科目は「現金」です。
次に「消耗品費」が支払われたということは、「消耗品費」が増加したことになり、その「消耗品費」は「費用」グループなので、増加したときは借方(左側)に記入します。また、また、「現金」で支払われたので、「現金」は減少しており、「現金」は「資産」グループなので、減少したときは貸方(右側)に記入します。

 

(5)事務所の家賃を支払ったので、使用する勘定科目は「地代家賃」です。また、その家賃は現金で支払われたので、使用する勘定科目は「現金」です。
次に「家賃」が支払われたということは、「地代家賃」が増加したことになり、その「地代家賃」は「費用」グループなので、増加したときは借方(左側)に記入します。また、また、「現金」で支払われたので、「現金」は減少しており、「現金」は「資産」グループなので、減少したときは貸方(右側)に記入します。

 

補足説明

 

どの勘定科目を借方(左側)、貸方(右側)のどちらに記入すればよいか、一瞬で見抜くには多くの練習が必要ですが、この練習問題では、「現金」と「普通預金」に着目して考えるのが問題を解く早道です。

というのは、実務でもそうですが、ほとんどの取引は現金か普通預金で入出金をしますので、まず「現金」や「普通預金」を中心に仕訳を考えます。

上の解説でも見たとおり、「現金」や「普通預金」は「資産」グループなので、増加したときは借方(左側)に、減少したときは貸方(右側)に記入するということを一番に覚えてしまいましょう。あとは、相手となる勘定科目さえわかれば、それは、「現金」や「普通預金」とは反対の位置に記入すればよいことになり、簡単に仕訳をすることができます。