1.解答

 

 

2.解説

 

(1)まず、セミナー参加料を受け取っているので、ここで使用するのは「セミナー参加料」です。また、現金を受け取っているので、使用する勘定科目は「現金」です。
次に、現金が増加していることに着目し、「現金」は「資産」グループなので、増加したときは、借方(左側)に記入します。また、「セミナー参加料」も増加しており、「セミナー参加料」は「収益」グループなので、増加したときは、貸方(右側)に記入します。

 

(2)ここで購入している「鉛筆20本、消しゴム20個、バインダー1冊」はいずれも1年以内に消耗するものでしょう。また金額も10万円未満なので、ここで使用する勘定科目は「消耗品費」です。また、現金で支払っているので、使用する勘定科目は「現金」です。
次に、現金が減少していることに着目し、「現金」(これは資産グループ)が減少したときは貸方(右側)に記入します。また、「消耗品費」(これは費用グループ)が増加しているので、借方(左側)に記入します。

 

(3)ここでは、普通預金から現金を引き出しているので、使用する勘定科目は、「現金」と「普通預金」です。
次に、普通預金から現金が引き出され、普通預金が減少していることに着目し、「普通預金」(これは資産グループ)が減少したときは貸方(右側)に記入します。また、普通預金から現金が引き出され、現金は増加しているので、「現金」(これは資産グループ)を借方(左側)に記入します。

 

(4)ここでは寄付金をもらっているので、使用する勘定科目は、「受取寄付金」です。また、郵便為替証書を受け取っていますが、これは、通貨代用証券ですので、使用する勘定科目は、「現金」です。
次に、通貨代用証券である郵便為替証書を受け取り、「現金」が増加しているので、「現金」(資産グループ)を借方(左側)に記入します。また、寄付金を受け取り、増加しているので、「受取寄付金」(これは収益グループ)を貸方(右側)に記入します。

 

(5)ここでは、郵便為替証書(通貨代用証券である現金)を実際の現金(キャッシュ)に変えただけなので、仕訳をする必要はありません。そこで、答えとしては「仕訳無し」と記入します。