次の取引に係る仕訳で使用する勘定科目を下の勘定科目一覧の中から選んで、解答欄に記入しなさい。なお、同じ勘定科目を何度でも使用してよい。

 

(1)事務所の電気代12,300円とガス代5,800円が普通預金口座から引き落とされた。

(2)子供教育支援事業の担当者が立て替えていた郵便切手代800円、電車賃6,300円を普通預金口座からその担当者の普通預金口座へ支払った。

(3)甲氏より寄付金の申し出があり、申込書に記入後、現金10,000円を頂いたので、直ちに、その金額を普通預金口座に預け入れた。

(4)講師の講師料(謝金)20,000円を普通預金口座より振り込んだ。その際、振込手数料216円も同時に口座より引き落とされた。

(5)取引先の文房具店より今月分の文具代12,000円の請求書が届いたので、責任者承認のもと、当月末に普通預金から振込で支払った。

 

 

 

この問題の解答・解説はこちら