1.解答

 

 

2.解説

(1)電気代、ガス代は「水道光熱費」として費用計上をします。したがって、「水道光熱費」(費用グループ)が増えるので、借方(左側)に記入します。また、普通預金口座から費用が引き落とされ、「普通預金」(資産グループ)が減ったので、「普通預金」を貸方(右側)に記入します。
ちなみに、電気代とガス代は別々に普通預金口座から引き落とされている場合は、それぞれ別々に仕訳を行っても差し支えありません。

 

 

(2)担当者が立て替えていた費用は郵便切手代と電車賃です。これらは「通信運搬費」(費用グループ)と「旅費交通費」(費用グループ)で処理されます。これらの費用が増えたので、両方とも借方(左側)に記入します。一方、普通預金口座からこれらの費用が振り込まれ、「普通預金」(資産グループ)が減ったので、「普通預金」を貸方(右側)に記入します。
ちなみに、この設問も先の(1)と同様、別々に仕訳を行っても差し支えありません。

 

 

(3)寄付金を受け取り「受取寄付金」(収益グループ)が増えたので、「受取寄付金」を貸方(右側)に記入します。また、現金で受け取っているので、普通は、一旦「現金」(資産グループ)を増やし(借方(左側)に記入)、その後「普通預金」へ入金したとして、「現金」から「普通預金」への振替処理(振替仕訳)を行いますが、ここでは、直ちに普通預金へ預け入れをしていますので、「現金」を通さず「普通預金」を増やす処理、すなわち、いきなり「普通預金」を貸方(右側)に記入しています。

(4)講師に講師料として謝金を支払ったときは、「諸謝金」(費用グループ)を使います。そこで、「諸謝金」という費用が増えたので、借方(左側)に記入します。そして、その諸謝金を普通預金口座から支払い「普通預金」(資産グループ)が減ったので、「普通預金」を貸方(右側)に記入します。また、振込手数料は「支払手数料」(費用グループ)で費用として計上しますので、借方(左側)に記入します。振込手数料も普通預金口座から引き落とされているので、諸謝金と同様、「普通預金」が減りますが、諸謝金と合算して仕訳を行っても構いません。(ちなみに、それぞれ別々の仕訳を行っても、上記の設問(1)、(2)と同様正解です。)

 

 

(5)文具代は「消耗品費」として費用計上します。したがって、「消耗品費」(費用グループ)が増えたので、借方(左側)に記入します。一方、文具代が普通預金から振込により支払われたことで「普通預金」(資産グループ)が減ったので、「普通預金」(資産グループ)を貸方(右側)に記入します。