1.解答

 

 

2.解説

 

(1)建物を購入し、「建物」(資産グループ)が増えたので、「建物」を借方(左側)に記入します。その際の金額は、建物の購入代価だけでなく、購入に係る費用(付随費用)、本問では登記費用と仲介手数料も含めた金額(取得価額という)とします。
また、「普通預金」(資産グループ)が減ったので、「普通預金」を貸方(右側)に記入します。

 

(2)土地付き建物は、「土地」と「建物」を購入したことになり、「土地」(資産グループ)と「建物」(資産グループ)が増えたので、両方とも借方(左側)に記入します。
その際の金額は、土地と建物の価格の割合が3:2なので、全体を5(=3+2)とすると、土地の取得価額は36,000,000円×3/5=21,600,000円、建物の取得価額は36,000,000円×2/5=14,400,000円となります。
代金はすべて普通預金より支払われ、「普通預金」(資産グループ)が減ったので、貸方(右側)に記入します。

 

(3)書類棚一式は、金額が100,000円以上ですので「什器備品」(資産グループ)となります。「什器備品」が増えたので、借方(左側)に記入します。支払いは現金と普通預金で行われ、「現金」(資産グループ)と「普通預金」(資産グループ)が減ったので、貸方(右側)に記入します。
また、振込手数料は、「什器備品」の取得価額には含めず、「支払手数料」(費用グループ)で処理します。「支払手数料」が増えたので、借方(左側)に記入し、その支払いで「普通預金」(資産グループ)が減ったので、貸方(右側)に記入します。

 

(4)自動車は「車両運搬具」(資産グループ)で処理します。「車両運搬具」が売却して無くなったので、「車両運搬具」を貸方(右側)に記入します。その時の金額は帳簿価額の620,000円です。代金650,000円は普通預金に入金され、「普通預金」(資産グループ)が増えたので、「普通預金」を借方(左側)に記入します。
このとき、借方合計と貸方合計に差額30,000円が出ますが、これは帳簿価額620,000円の「車両運搬具」を650,000円で売却したときの収益ですので、「固定資産売却益」(収益グループ)として貸方(右側)に記入します。
この30,000円が「固定資産売却益」か「固定資産売却損」が分かりにくいと思う方は、借方合計と貸方合計で差額が出ていますので、この30,000円をどちらに加えれば合計が一致するかを考えれば簡単です。
本問では貸方(右側)に加算すると一致することが分かりますので、まず、金額30,000円を貸方(右側)に」記入します。そして、その勘定科目は、固定資産を売却したものという意味で「固定資産売却益」か「固定資産売却損」になりますが、貸方(右側)は収益グループが来る場所ですので、必然的に「固定資産売却益」となります。ちなみに、本問からは外れますが、もし、借方(左側)に30,000円を記入した場合は、借方(左側)は費用グループが来る場所ですから、記入すべき勘定科目は「固定資産売却損」(費用グループ)となります。

 

(5)事務所の壁の破損を修理したのは、壁を原状(元の状態)に回復させただけなので、この300,000円は「修繕費」(費用グループ)で処理します。「修繕費」が増えたので、借方(左側)に記入します。
同時に行った部屋の増築は、建物の価値を上げることになるので、「建物」に加えます。「建物」(資産グループ)が増えたので、これも借方(左側)に記入します。
代金はすべて普通預金から支払われ、「普通預金」(資産グループ)が減ったので、貸方(右側)に記入します。
振込手数料の処理方法は、(3)の解説と同様です。