1.解答

 

 

2.解説

 

(1)スタッフに給料を支払い、「給料手当」(費用グループ)が増えたので、「給料手当」を借方(左側)に記入します。
一方、スタッフから所得税を預かり、「所得税預り金」(負債グループ)が増え、さらに、社会保険料も預かり、「社会保険料預り金」が増えたので、それぞれの勘定科目を貸方(右側)に記入します。本問では、勘定科目一覧の中に一般的な勘定科目である「預り金」もありますが、それぞれはっきりわかる勘定科目がある場合は、一般的な科目ではなく、その勘定科目を選択してください。給料250,000円から源泉所得税額1,500円と社会保険料21,500円を差し引いた227,000円を普通預金から振込みました。そこで「普通預金」(資産グループ)が減ったので、「普通預金」を貸方(右側)に記入します。そして、最後に借方合計と貸方合計が一致していることを確認してください。

 

(2)スタッフから預かっていた所得税を納付し、「所得税預り金」(負債グループ)が減ったので、「所得税預り金」を借方(左側)に記入します。一方、所得税は現金で納付され、「現金」(資産グループ)が減ったので、「現金」を貸方(右側)に記入します。

 

(3)スタッフから預かっていた社会保険料を納付し、「社会保険料預り金」(負債グループ)が減ったので、「社会保険料預り金」を借方(左側)に記入します。また、社会保険料の事業主負担分の納付し、「法定福利費」(費用グループ)が増えたので、「法定福利費」を借方(左側)に記入します。一方、これらの合計額を普通預金から出金し、「普通預金」(資産グループ)が減ったので、「普通預金」を貸方(右側)に記入します。

 

(4)本問の500,000円の借金は、「借入金」(負債グループ)で処理しますが、この借入金は、事業年度末の翌日から起算して1年以内に返済期限が到来する借入金なので、「短期借入金」となります。したがって、「短期貸付金」(負債グループ)が増えたので、「短期貸付金」を貸方(右側)に記入します。そして、その借入金が普通預金に入金され、「普通預金」(資産グループ)が増えたので、「普通預金」を借方(左側)に記入します。

 

(5)本問の5,000,000円の融資額(借金)も、上記と同様「借入金」(負債グループ)で処理しますが、この場合は、返済期限が事業年度末の翌日から起算して1年を超えて返済期限が到来する借入金なので、「長期借入金」となります。したがって、「長期貸付金」(負債グループ)が増えたので、「長期借入金」を貸方(右側)に記入します。そして、その借入金が普通預金に入金され、「普通預金」(資産グループ)が増えたので、「普通預金」を借方(左側)に記入します。

 

(6)上記(4)の短期貸付金が返済され、「短期貸付金」(負債グループ)が減ったので、「短期貸付金」を借方(左側)に記入します。そして、返済金は普通預金から支払われ、「普通預金」(資産グループ)が減ったので、「普通預金」を貸方(右側)に記入します。