1.解答

 

 

2.解説

 

(1)ガソリン代は、勘定科目一覧の中では「燃料費」が当てはまります。訪問介護事業のガソリン代が支払われ、「燃料費」(費用グループ)が増えたので、「燃料費」を借方(左側)に記入します。その際、事業欄は「訪問」とします。一方、ガソリン代が現金で支払われ、「現金」(資産グループ)が減ったので、「現金」を貸方(右側)に記入します。その際、勘定科目が資産グループなので、事業欄には「―」を引いておきましょう。

 

(2)居宅介護事業のヘルパーさんの交通費が支払われ、「旅費交通費」(費用グループ)が増えたので、「旅費交通費」を借方(左側)に記入します。その際、事業欄は「居宅」となります。一方、交通費が普通預金から支払われ、「普通預金」(資産グループ)が減ったので、「普通預金」を貸方(右側)に記入します。その際、勘定科目が資産グループなので、事業欄には「―」を引いておきます。

 

(3)訪問介護事業で研修会の参加費を支出し、「研修費」(費用グループ)が増えたので、「研修費」を借方(左側)に記入します。その際、事業欄は「訪問」とします。一方、研修会の参加費を現金で支払い、「現金」(資産グループ)が減ったので、「現金」を貸方(右側)に記入します。その際、勘定科目が資産グループなので、事業欄には、「―」を引いておきます。

 

(4)居宅介護事業に係る介護給付費が入金され、「介護給付費」(収益グループ)が増えたので、「介護給付費」を貸方(右側)に記入します。その際の事業欄には「居宅」と記入します。入金は普通預金にされ、「普通預金」(資産グループ)が増えたので、「普通預金」を借方(左側)に記入します。その際、勘定科目が資産グループなので、事業欄には「―」を引いておきます。

 

(5)事務局の電話代が支払われ、「通信費」(費用グループ)が増えたので、「通信費」を借方(左側)に記入します。その際、事業欄には、事務局の通信費なので、「管理費」と記入します。一方、電話代は普通預金から引き落とされ、「普通預金」(資産グループ)が減ったので、「普通預金」を貸方(右側)に記入します。その際、勘定科目が資産グループなので、事業欄には「―」を引いておきます。