今回からは、しばらく、貸借対照表の勘定科目について説明をしていきます。
初めは「現金」についてです。

 

現金とは

一般的に、現金とは、紙幣や硬貨などの通貨をいいますが、簿記ではそれ以外に次のような「すぐに換金できるもの」も「現金」勘定で取り扱います。これらを「通貨代用証券(つうかだいようしょうけん)」といいます。

 

(1)通貨代用証券

簿記上の現金として取り扱われる「通貨代用証券」は通貨ではありませんが、すぐに通貨「現金」に交換できるという意味で「現金」と同様に扱われます。
その中でもNPO法人が通常取り扱う可能性のあるものは、次のものでしょう。

①郵便為替証書(ゆうびんかわせしょうしょ)

郵便為替証書は郵便局で購入できる証券で、これを受け取った人が郵便局に持っていくと現金に交換してもらえます。

 

②送金小切手(そうきんこぎって)

送金小切手とは「保証小切手」ともいい、現金を銀行に持って行くと、その銀行が発行してくれる小切手で、これを受け取った人がその発行銀行に持っていくと現金に交換してもらえます。

 

(2)通貨代用証券(郵便為替証書)を受け取ったときの仕訳

 

 

<ポイント>

郵便為替証書は、郵便局へ持ち込むことですぐに現金化できることから、まだ手元にあっても、「現金」が増えたとして処理します。「現金」は資産なので、増えたら借方(左側)に記入します。

また、セミナー参加料は収益なので、「事業収益」という勘定科目で処理します。「事業収益」は収益なので、増えたら貸方(右側)に記入します。なお、「事業収益」の代わりに「受取参加料」「セミナー参加料」という勘定科目を使うことも差し支えありません。

 

 

<ポイント>

送金小切手は、発行銀行に持ち込むことですぐに現金化できることから、まだ手元にあっても「現金」が増えたとして処理します。「現金」は資産なので、増えたら借方(左側)に記入します。また、寄付金という「収益」が増えたとして処理します。この場合、「受取寄付金」という勘定科目を使い、貸方(右側)に記入します。

 

(3)通貨代用証券で支払ったときの仕訳

通貨代用証券は「通貨」と同様の取り扱いをするので、通貨の代わりに支払いに使うことができます。

 

 

<ポイント>

通貨代用証券は受け取ったときに「現金」として処理しているので、通貨代用証券で支払いをしたときは、「現金」減ったことになります。そこで、「現金」(資産のグループ)を貸方(右側)に記入します。
また、すぐに使ってなくなってしまうようなコピー用紙は、「消耗品費」勘定を使います。「消耗品費」は費用の勘定科目なので、増えたら借方(左側)に記入します。

 

次は、今回学んだところについて、問題練習(テキスト第05回分)をしてみましょう。