普通預金とは

「普通預金」とは、銀行の預金口座の一つで、決済だけでなく、貯蓄性もある一般的な預金です。受け払いは、通常、入金依頼書、支払依頼書等銀行指定の伝票に記名押印して行います。また、キャッシュカードを利用して銀行のATMで入出金や振込みを行うこともできます。

銀行預金には、「普通預金」のほか、「当座預金」や「通知預金」、「定期預金」、「定期積金」、特殊な場面で使われる「別段預金」等いろいろな預金がありますが、NPO法人で最も利用されるのは、この「普通預金」ですので、これについて学びたいと思います。

 

 

普通預金の受け払い

(1)普通預金に入金があったとき

 

 

<ポイント>

「普通預金」は資産なので、普通預金を開設し、現金を預け入れたときは、「普通預金」が増えるので借方(左側)に記入します。一方、法人の現金を預け入れたことで、「現金」(資産グループ)は減るので貸方(右側)に記入します。

 

 

 

<ポイント>

普通預金に振込みを受けたときは、仕訳例1と同様、「普通預金」が増えるので借方(左側)に記入します。一方、助成金を受け取ったときは、「受取助成金」(収益グループ)が増えるので、貸方(右側)に記入します。

(2)普通預金を引き出したとき

 

 

<ポイント>

普通預金から現金を出金したときは、普通預金(資産グループ))が減ることになるので、貸方(右側)に記入します。一方、「現金」(資産グループ)は増えるので、借方(左側)に記入します。

 

 

 

<ポイント>

普通預金より振込で支払いをしたときは、「普通預金」(資産グループ)が減るので、貸方(右側)に記入します。また、未払金は負債グループであり、それが支払われて減ることになるので、借方(左側)に記入します。

 

 

<ポイント>

普通預金から自動引き落としがなされたら、「普通預金」(資産グループ)が減るのにで、貸方(右側)に記入します。また、電気代やガス代などは「水道光熱費」という費用として計上します。そこで、「水道光熱費」(費用グループ)が増えたことになるので、借方(左側)に記入します。

次は、今回学んだところについて、問題練習(テキスト第07回分)をしてみましょう。