ここからは、2回に分けて、これまで学んだ以外の資産について、その内容と処理方法を学びます。
今回は、「未収金」、「前払金」、「仮払金」を見ていきます。

 

1.未収金

(1)未収金とは

通常、商品その他物品の販売・売却やサービスの提供をしたときは、その場で代金の支払ってもらいますが、これをあとで受け取る場合もあります。特に、行政の補助金や助成金は後払いとなることが多いので、これに対する処理が必要です。このようなときには、「あとで代金を受け取ることができる権利」(資産)が生じます。その権利を表す勘定科目が「未収金」です。

 

勘定科目の説明

(2)助成金等を後で受け取ることとしたときの仕訳

<ポイント>

助成金等を「あとで受け取ることができる権利」を表す「未収金」(資産グループ)が増えるので、借方(左側)に記入します。また、「受取助成金」(収益グループ)が増えたので、貸方(右側)に記入します。

 

(3)助成金等を後日受け取ったときの仕訳

<ポイント>

未収金を回収したときは、「あとで受け取ることができる権利」は無くなり、「未収金」(資産グループ)は減るので、貸方(右側)に記入します。一方、その分の金額が普通預金に入り、「普通預金」(資産グループ)が増えたので、借方(左側)に記入します。

 

2.前払金

(1)前払金とは

通常、簿記で費用を計上するのは、商品その他の物品やサービスを実際に受け取ったときです。しかし、商品等やサービスの引渡しを受ける前に商品代金の一部を支払う場合があります。このときは、「あとで商品等やサービスを受け取る権利」が生じます。この権利を表す勘定科目が「前払金」です。

 

勘定科目の説明

「商品等やサービスを受け取る前に支払う代金の一部」を「手付金」または「内金」といいます。この2つは法律的には意味が少し違いますが、簿記ではほぼ同じと考えて構いません。

 

(2)手付金や内金を支払ったときの仕訳

<ポイント>

5,000円を手付金として先払いしたことにより、「あとで印刷されたパンフレットを受け取ることができる権利」を表す「前払金」(資産グループ)が増えるので、借方(左側)に記入します。その分、現金が減ったので、「現金」(資産グループ)を貸方(右側)に記入します。

 

3)商品等を受け取ったときの仕訳

 

勘定科目の説明

<ポイント>

パンフレットの製作費用は、「印刷製本費」(費用グループ)を使います。パンフレットを受け取り、「印刷製本費」(費用グループ)が増えたので、借方(左側)に記入します。一方、パンフレットを受け取り、先に支払っていた手付金を代金に充当したときは、その分、「パンフレットを受け取ることができる権利」がなくなり、それを表す「前払金」(資産)が減ったので、貸方(右側)に記入します。差額45,000円は現金で支払い、「現金」(資産グループ)が減ったので、同じく貸方(右側)に記入します。

 

3.仮払金

(1)仮払金とは

出張や物品を購入する場合などで、だいたいの使い道や金額は分かっているが、正確には決定できないときは、「とりあえずお金だけを渡しておく」ということがあります。これを「仮払い」といい、この仮払いで出金したときは、後で生産をしてもらう権利が生じます。これを表す勘定科目が「仮払金」です。

そして、使い道や金額が正確に決定できたときには、それを正しい勘定科目と金額で記帳し直す(振替仕訳をする)ようにします。これを「仮払金の精算」といいます。

 

勘定科目の説明

(2)費用を概算払いしたときの仕訳

<ポイント>

ここでは、出張費用の中身や金額が確定していないので、とりあえず概算払いをしています。このときは、「あとで確定したら精算させる権利」を表す「仮払金」(資産グループ)が増えたので、借方(左側)に記入します。

一方、その分の「現金」(資産グループ)が減ったので、貸方(右側)に記入します。

 

(3)費用内容と金額が確定したときの仕訳(仮払金の精算)

<ポイント>

仮払金を確定した費用を表す勘定科目に振り替えます。

方法は、当初仮払いをした際に借方(左側)に記入していた「仮払金」(資産グループ)を反対側の貸方(右側)に記入し、借方(左側)には、判明した正しい勘定科目(上記仕訳例6では「旅費交通費」(費用グループ)を記入します。「旅費交通費」には、交通費と宿泊代を入れます。

また、①のように、残額の現金を受け取っている場合は「現金」が増えるので、借方(左側)に記入し、②のように不足額がある場合は「現金」が減るので、貸方(右側)に記入します。

次は、今回学んだところについて、問題練習(テキスト第10回分)をしてみましょう。