前回に引き続き、負債の中でよく使われる勘定科目について、その内容と処理方法を学びます。
今回は、「預り金」、「短期借入金」、「長期借入金」を見ていきます。

 

1.預り金

(1)預り金とは

例えば、法人は、スタッフに給料を支払う際には、その職員の給料から所得税や社会保険料を天引き(控除)して、そのお金を税務署や年金事務所、労働局に納める義務がありますが、この天引きしたお金は、スタッフの代わりに法人が税務署等に納めるためにスタッフから一時的に預かっているものです。このような「法人が一時的に預かったお金をあとで支払う義務」を表す勘定科目が「預り金」(負債グループ)です。

 

勘定科目の説明

 

(2)お金を預かったときの仕訳

 

勘定科目の説明

<ポイント>

スタッフに給料を支払い、「給料手当」(費用グループ)が増えたので、「給料手当」を借方(左側)に記入します。ここで注意すべきは、この「給料手当」の金額は、給料150,000円全額です。
一方、スタッフから所得税と社会保険料を預かり、「あとで税務署に納付する義務」を表す「預り金」(負債グループ)と「あとで社会保険事務所に納付する義務」が増えたので、これらを別々に、または合計して「預り金」を貸方(右側)に記入します。給料150,000円から源泉所得税額2,980円と社会保険料12,520円を差し引いた134,500円がスタッフへの支給額となります。これを普通預金から振込み、「普通預金」(資産グループ)が減ったので、「普通預金」を貸方(右側)に記入します。
ここでは、貸方(右側)に勘定科目が3つ入りますので、借方合計と貸方合計が一致していることを確認してください。

 

(3)預かったお金を支払ったときの仕訳

 

勘定科目の説明

<ポイント>

①スタッフから預かった源泉所得税を後日支払ったときは、「あとで支払わなければならない義務」を表す「預り金」(負債)が減るので、「預り金」を借方(左側)に記入します。一方、源泉所得税を支払うのに普通預金から出金したことにより、「普通預金」(資産グループ)が減ったので、「普通預金」を貸方(右側)に記入します。

②社会保険料は、事業主(法人)負担とスタッフ本人負担の額を加算して年金事務所に納付します。本問では、スタッフから預かった社会保険料12,520円は本人負担分であり、法人負担分は13,000円ですから、これらを加算した額25,520円を納付することになります。
具体的な仕訳の仕方は、まず、スタッフ預かった社会保険料を処理した「預り金」(負債グループ)が納付されて減るので、「預り金」を借方(左側)に記入します。また、社会保険料の法人負担分は「法定福利費」(費用グループ)で処理します。ここでは「法定福利費」が増えるので、「預り金」と同じく借方(左側)に記入します。
そして、その合計額が普通預金から引き落とされ、「普通預金」(資産グループ)が減ったので、「普通預金」を貸方(右側)に記入します。
ここでは、借方(左側)に勘定科目が2つ入りますので、借方合計と貸方合計が一致していることを確認してください。

 

2.短期借入金・長期借入金

(1)借入金とは

NPO法人は、特別に資金が必要なときは、銀行や他のNPO法人または理事長などからお金を借りることがあります。この場合に発生する、「あとでお金を返さなければならない義務」は「借入金」(負債グループ)で処理します。

この借入金には、返済期間によって次の2種類があります。

 

勘定科目の説明

 

(2)お金を借り入れたときの仕訳

<ポイント>

まず、普通預金に融資額が振り込まれ、「普通預金」(資産グループ)が増えたので、「普通預金」を借方(左側)に記入します。
一方、お金を借り入れたことにより、「あとでそのお金を返済する義務」を表す「借入金」(負債グループ)が増えるので、貸方(右側)に記入しますが、その場合、返済期限が決算日より一年以内に到来する場合は、「短期借入金」を、一年を超えて到来する場合は「長期借入金」を貸方(右側)に記入します。

 

(3)借入金の利子を支払ったときの仕訳

お金を借り入れると利子を支払わなければなりませんが、その利子は「支払利息」(費用グループ)で処理します。この仕訳をする場合、借入金の「短期」、「長期」は関係ありません。

 

勘定科目の説明

 

<ポイント>

借入金の利子を支払ったときは、利息の支払いを表す「支払利息」(費用グループ)が発生(増える)するので、「支払利息」を借方(左側)に記入します。そして、その利息が普通預金より引き落とされ、「普通預金」(資産グループ)が減ったので、か「普通預金」を借方(左側)に記入します。

 

(4)借り入れたお金を返済したときの仕訳

<ポイント>

借入金を返済したときは、「あとでそのお金を返済する義務」を表す「借入金」(負債グループ)が減ったので、「短期借入金」または「長期借入金」を借方(左側)に記入します。一方、それぞれ普通預金から返済をし、「普通預金」(資産グループ)が減ったので、「普通預金」を貸方(右側)に記入します。

次は、今回学んだところについて、問題練習(テキスト第13回分)をしてみましょう。